MENU

GMOコインの口座開設ガイド/NFTを始めるならGMOコインがおすすめ

こんにちわ。たまねぎ太郎(@tamanegi_tarou3)です。

暗号資産取引所のGMOコイン、聞いたことありますか?
初めてでも安心して取引できる体制が整っているんですよ。今回は、そのGMOコインの口座開設方法を紹介します!

ちなみに、GMOコインはオリコン顧客満足度調査で、暗号資産取引所で2冠を獲得しています。ユーザーにとって安心して使える取引所ですよ。

では、GMOコインで簡単に口座開設をしてみましょう!

GMOコインを開設する

・各種手数料¥0
・国内最大級の取扱銘柄数
・最短10分でお取引開始
・堅牢なセキュリティ、管理体制

\最短10分で簡単に口座開設可能!(※)/

※公式サイトに記載

目次

口座開設方法

口座開設はスマホでの登録だと「かんたん本人確認」ができ、最短で口座開設を申し込んだ10分後に取引を開始することができます!

ここでは口座開設方法もスマホの操作画面で説明しますね。

STEP
メールアドレス登録

まず、GMOコインのサイトに行き「無料口座開設」をクリックしてメールアドレスを入力します。

メールアドレス入力の際に、「個人のお客様」にチェックを入れます。

また、「私はロボットではありません」にもチェックを入れてからメールアドレスを登録します。

メールアドレスの入力ミスに気をつけよう!!

「認証メールを送信しました。」と画面が切り替わるので、登録したメールアドレスに届いているか確認するようにしましょう。

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

STEP
届いたメールのURLをクリック

メールで「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」というメールが届きます。そのメール内にあるURLをクリックしましょう。

メールが届かない場合は迷惑メールに分類されている可能性もあるので注意ください。

STEP
パスワードと二段階認証の設定

クリックしたURLを開くとパスワード設定画面がでるので、設定してください。

半角英数字で設定しますが、なるべく複雑なパスワードにして強度を「普通」以上にしましょう。

パスワード設定するとログイン画面が表示されるので、登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

次は二段階認証の設定です。電話番号による認証を行うページに切り替わったら、自分の携帯電話番号か固定電話番号を入力します。自身の電話番号であることを確認し、「コードを送信する」をクリックしましょう。

SMSが届いたら、案内された6桁の番号を二段階認証の画面に入力し、「認証する」をクリックすると設定が完了となります。

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

STEP
個人情報登録と本人確認

認証が完了した後、「開設申込へ進む」をクリックし、個人情報の登録を進めます。

個人情報入力が完了したら「かんたん本人確認」または「画像アップロード」のどちらかの方法で本人確認の手続きを行います。スマホの場合は「かんたん本人確認」ができ、最短10分で口座開設が完了するケースもあるため、おすすめの方法です。

かんたん本人確認の書類

・運転免許証
・マイナンバーカード(通知カード不可)
・特別永住者証明書
・在留カード
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード(顔写真入り)

本人確認書類の提出が完了したら、GMOコインにより審査が行われます。

STEP
口座開設コードが届き、お取引開始!

審査に通過したらGMOコインから送られてくる「口座開設コード」を入力して口座開設が完了です。

届いた口座開設コードを、「会員サイト」またはアプリの「GMOコイン暗号資産ウォレット」でコードを入力してください。会員サイトの場合は、ログイン後にコードを入力し、「口座開設」をクリックすると口座開設が完了します。

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

口座開設条件

GMOコインでの口座開設の条件には、日本在住であることや登録情報に虚偽がないなど、さまざまなものがありますが、公式サイトの記載されている条件は以下となります。

口座開設には、下記すべての条件を満たす必要がございます。

  • 日本国内に居住する20歳以上の個人であること
  • ご自身の責任と判断により、取引を行えること
  • 各種約款、交付書面等の内容について承諾し、かつ電磁的交付を受けることに同意いただけること
  • 外国の重要な公人(外国PEPs)でないこと
  • 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと
  • 登録するメールアドレス又は電話番号が他のお客さまのものと重複していないこと
  • 当社に提供する登録情報に虚偽や誤記、記載漏れがないこと
  • ご自身のメールアドレスおよび電話番号をお持ちで、当社からの連絡にいつでも出られること
https://coin.z.com/jp/corp/guide/flow/

口座開設前に、上記の条件に当てはまっているかを事前に確認しておくことをおすすめします。

GMOコインの基本情報

運営会社GMOコイン株式会社
設立年月2016年10月
通貨数全26種類
スマホアプリ
手数料各種手数料¥0

金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されていて、信頼できる取引所といえます。

GMOコインのメリットとデメリット

メリット

各種手数料が無料

GMOコインで発生する手数料のうち、特に注目したいのが下記の3つ。

  1. 即時入金手数料が無料
  2. 暗号資産の送付手数料が無料
  3. 出金手数料無料
1.即時入金手数料が無料

即時入金はインターネットバンキングの口座から入金ができ、GMOコインの口座にリアルタイムで反映されるサービスです。24時間(一部の時間帯を除く)いつでも入金が可能で、暗号資産をすぐに取引したい時に便利です。

https://coin.z.com/jp/corp/guide/deposit-withdrawal/

2.暗号資産の送付手数料が無料

暗号資産を外部ウォレット(メタマスク)に送付する時は、基本的に手数料が発生します。

手数料を徴収している取引所の場合は、送付手数料を「0.005ETH」としているところが多く、日本円にすると1350円(27万円/ETHの場合)かかりますが、GMOコインはその手数料を負担してくれている取引所になるので、かなり良心的です。

3.出金手数料無料

出金手数料も100~800円程度かかる取引所が多いですが、GMOコインはここも無料なのが魅力の一つです。

暗号資産の購入価格が安い

GMOコインには、「取引所機能」があるので暗号資産(仮想通貨)を安く購入できます。

左が「販売所」、右が「取引所」のイーサリアム(暗号資産)の価格です。※8/14時点

販売所は「274,172円/ETH」、取引所では「268,180円/ETH」となっており、取引所の方が約6,000円安く買えることができます。

販売所と取引所の違いは暗号資産を売買する時の相手が違うことです。
販売所:暗号資産取引所
取引所:一般ユーザー

暗号資産(仮想通貨)の販売所と取引所の違いは? 特徴と具体的な活用方法 

https://www.sbifxt.co.jp/beginner/cfd-column008.html

取引所でイーサリアムを購入する場合(Taker注文)は、約定代金に対し「0.05%」の取引手数料が発生しますが、それを含めても取引所の方が安いです。

購入場所販売所取引所
購入時のイーサリアム価格274,172円268,180円
取引手数料無料134円
合計計274,172円268,44円

堅牢なセキュリティ、管理体制

GMOコインは、GMOインターネットグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制があるので、安心して暗号資産の取引を行えます。

デメリット

最低出金額が高い

GMOコインは、最低出金額が高く設定されています。1回の操作での最低出金額は10,000円ですただし、全額出金の場合は出金額に制限はありませんのでうまく使いましょう。

日本円でしか仮想通貨を購入できない

GMOコインで暗号資産を購入する場合、日本円でしか買うことはできません。外貨での購入を考えている場合は注意ください。

まとめ

以上、GMOコインの口座開設方法やメリット・デメリットを紹介しました。

口座開設後は、日本円の入金手数料もイーサリアムの送金手数料も無料なので、NFTを購入するまで資金となるイーサリアムが手数料で減ってしまう事はありません

NFTを始めるなら、GMOコインがオススメです。

最短10分で簡単に口座開設可能!(※)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

\Web3の世界に飛び込みたい方に届け/
◉2023年6月からNFTの世界に飛び込む
◉6月11日からWICにて修行中
◉NFTコレクション爆増中
◉AIアートでキャラクターやファンアート作成
◉『たまねぎ太郎の部屋』ブログ開設

目次